【6/15 セミナー情報】「未来へのヒントは足元に ~これからの社会に活かす江戸期の循環型経済(Edonomy)~」

昨今話題の「循環型経済(サーキュラーエコノミー)」
実は、すでに江戸期の日本で実現されていたことをご存じですか?

江戸期においては、たとえば稲作ひとつにしても、刈り取った藁は筵(むしろ)や俵、藁ぶき屋根の材料、壁材、敷き藁、縄のれん、家畜の飼料、燃料として使用後、灰として肥料に用い、お米のもみ殻は、堆肥の材料、洗剤やせっけんとして、家具の艶出しワックスとして、など、モノを無駄にしないリサイクル・リユース(循環型経済)が行われていました。

ところが、大量消費社会の発展により、使い捨てがもてはやされ、結果、大気汚染、資源の枯渇など、環境問題に直面してしまいました。

こうした現状から、私たちは江戸期の人々の知恵や工夫を学び、自然のメカニズムのもと、最新技術を融合させていくことが地球規模の危機を回避するひとつの手段であると考え、“Edonomy®(エドノミ―)プロジェクト”をスタートさせました。

Edonomy®(エドノミ―)とは、Edo(江戸)+Economy(経済)=Edonomy®(エドノミ―)の造語です。

そして、“Edonomy®(エドノミ―)プロジェクト”第三弾は、「未来へのヒントは足元に ~これからの社会に活かす江戸期の循環型経済(Edonomy)~」と題し、現代で生まれつつあるエドノミ―の仕組みの事例を交えながら“Edonomy®(エドノミ―)プロジェクト”代表の北林よりお話させていただきます。

「未来へのヒントは足元に ~これからの社会に活かす江戸期の循環型経済(Edonomy)~」

■日程:2021年6月15日(火)18:30~20:00
■講師:北林功
COS KYOTO株式会社 代表取締役/(一社)Design Week Kyoto実行委員会代表理事/(一社) サステナブル・ビジネス・ハブ 理事
■会場:オンライン(ZOOM)
■参加費:500円(学生無料:学校名をお知らせください)
■申込み:コチラよりお申し込みください
■お問合せ:“Edonomy®(エドノミ―)プロジェクト”事務局 加藤(Email pr@cos-kyoto.com)

▼主なトピック
・Edonomy®の概念おさらい
・世界のサーキュラーエコノミー(循環型経済)の事例
・日本のサーキュラーエコノミー(循環型経済)の事例
・参加者と身近な取り組みを考える
※内容は変更になる場合がございます。

▼こんな方におすすめ
下記に一つでも当てはまる方はぜひお気軽にご参加ください。
・江戸期の暮らしを学びたい
・江戸期の循環型経済について詳しく知りたい
・サーキュラーエコノミーの考え方に興味がある

▼北林 功について
1979年奈良県生まれ。
物心ついた頃より、人生のテーマを「持続・循環する社会の構築」と据えて活動。
大阪市立大学法学部にて公共政策論を研究。
2000年内閣府国際青年交流事業フィンランド派遣団に参加。
大阪ガス株式会社京滋エネルギー事業部での法人営業、株式会社グロービス東京本社での人材育成コンサルタントを経て、同志社大学大学院ビジネス研究科にて「文化ビジネス」について研究。
2013年にCOS KYOTO株式会社を設立し、持続的な社会の構築のために地域の自然・風土に根付くモノ・コトをグローバルに伝えていくことを目的に、地場産業の販路開拓や各種ビジネスコーディネート、国内外との文化交流イベントの企画・運営等を手掛けている。
2012年〜2014年にはTEDxKyotoのディレクターを務めた。
2016年より京都をデザインしなおし、多種多様な交流を通じてクリエイティブな街にしていくことを目的に「DESIGN WEEK KYOTO」をスタート。

この記事を書いた人

COS KYOTO株式会社

COS KYOTO株式会社