「観光庁・世界水準のDMO形成促進事業」における外部専門人材に弊社代表・北林が登録

このたび弊社代表の北林功が、観光庁が推進する「世界水準のDMO形成促進事業」における外部専門人材として登録されました。

「DMO」とは、Destination Management Organization:デスティネーション・マネージメント・オーガニゼーションの略で、観光施設、自然環境、飲食、伝統芸能、アート、風習・風俗などその地域にある観光資源のことをよく知り、地域と一緒になって観光の場所を作る専門組織のことです。

主に欧米の観光先進諸国を中心に発展してきた仕組みで、2007年に世界観光機関がDMOを定義したことで、世界的に知られるところとなりました。

日本におけるDMOとは「地域の多様な関係者を巻き込みつつ、科学的アプローチを取り入れた観光地域づくりを行う舵取り役となる法人」を意味する言葉で、2015年、地方創生が始まったのと同じ年に「日本版DMO候補法人登録制度」が創設されたことで広がり始めました。

観光庁による日本版DMO登録制度の目的は以下の通りです。

(1)  地域の取組目標となる水準の提示による観光地域づくり法人の形成・確立の促進
(2)  関係省庁が観光地域づくり法人の形成・確立を目指す地域の情報を共有することによる支援の重点化
(3)  観光地域づくり法人の間の適切な連携を促すことで各法人間の役割分担がされた効率的な観光地域づくり

日本版DMOが創設されたのと同じ年、国連ではSDGsが採択され2030年までに各国が持続可能な開発を目標に向けて進めることが決まりました。

SDGsとDMOは大枠ではその理念を共有しています。
それは「多様なアクターや人々が協働で観光推進や地方創生に取り組む」という点です。

これまで、地域の課題解決や観光推進は、観光協会は観光協会、民間は民間、NPOはNPOとバラバラに行っていました。
しかし複雑な課題を解決しなければいけない現在、それぞれがバラバラに活動することよりも、知恵をあわせてみんなで取り組むことが重要です。

DMOとSDGsに共通する理念は「パートナーシップ」であり、いかに多様な人たちを巻き込んで協働できるかがカギを握ります。

外部専門人材への登録

今回外部専門人材として登録されました北林功は、このDMOに対しアドバイスする役割を担います。
北林は、これまで地方自治体や企業支援を通して蓄積してきた知見を活かし、

(1)「着地型旅行商品等コンテンツの開発・強化」

を軸に、国内外向けの観光戦略を立案し、新体験コンテンツの造成や既存コンテンツのブラッシュアップなどにより魅力的なコンテンツ開発へのアドバイスをしてまいります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

弊社代表 北林功 プロフィール

1979年奈良県生まれ。大学在学中、総務庁(現内閣府)の国際青年育成交流事業フィンランド派遣団に参加、行政や教育、デザインについて学ぶ。2002年卒業後、大阪ガス株式会社に入社し、京都でエネルギー関連設備の営業に従事。2007年株式会社グロービスに転じ、東京で人材育成コンサルタントとして活動。2010年に同志社大学大学院ビジネス研究科に入学し、地域に根づく文化を軸とした自律・循環・継続する仕組みである「文化ビジネス」を研究。同大学院修了後、2013年にCOS KYOTO株式会社を設立し、「文化ビジネス」を具現化するためのコーディネート、国内外との文化交流イベントの企画・運営、人材育成・研修などの事業を展開。
2012年〜2014年にはTEDxKyotoのディレクターを務めた。
2016年より京都をデザインしなおし、多種多様な交流を通じて創造的な街にしていくことを目的に「DESIGN WEEK KYOTO」をスタート。

一般社団法人Design Week Kyoto実行委員会 代表理事
一般社団法人サステナブル・ビジネス・ハブ 理事/リサーチャー
同志社大学嘱託講師

「CEOインタビュー」は<コチラ>をご覧ください。

お問い合わせ:COS KYOTO株式会社
      Email:contact@cos-kyoto.com TEL:075-202-8886

この記事を書いた人

COS KYOTO株式会社

COS KYOTO株式会社